喪女の結婚

あるいは幽霊を見ないこと

死にたいと思うけど生きていく事

また生き霊男に出会ってしまった

死んじゃいたいな

楽しそうに生きている人を見て落ち込む

落ち込んだ

おちんこだ

 

何もするでもなく

一人で映画見ている

生き霊男に出会ってしまったけど

逃げてしまった自分が死にたい

愛を振りまいてくれるから愛されるわけで

私は暗いままで愛されることはない

生き霊男を愛する人も愛される人もいると思うと

すごく落ち込んだ

ごめんなさい

本当に死にたい気持ちになる

それでも生きているのだった

私は毎日殺されている

死にたい朝
両親は私に殺されていないことを感謝するべきだと思う

母は発狂している
暴言がひどくなる
ある種の暴言は人間の尊厳を著しく傷つけるものであり、
人を殺すものであると彼女は知らない
人を殺すにゃナイフはいらぬ…と昔祖母がよく言っていた
ナイフでなく、殺されているのに
何度殺されても、私は見て見ぬ振りだ
私はとても傷ついている。とても傷ついているのよ

叔母は、どちらかが勝とうとするからいけないのよ、と言ったらしいが
勝ち負けではなくて、生死だと思う
殺されかけた状況下で、あえて殺されてあげるなんておかしいよって声をあげることは
おかしいのでしょうか

本当に私は何度も殺されている
殺されているのに、まだ肉体的には生きている
肉体的にはなんら損傷がない
多分脳にはダメージがあると思うけど

父は修行だという
お前は勝手に修行しとけ
お前の修行に私を付き合わせるな
皆死ねと思う

正月から発狂して大喧嘩になった
でも私が頭おかしいことになっている
なんなんだろう
私は頭がおかしいのかな
それならそれでいいけど

お前にはばーさん(姑)が取り憑いていると言われ
もう無理ーってなってきた
もう死にたい
もう死にたいけど生きなきゃいけない
出て行く金がない
下手すりゃ手取り一桁だけど
この田舎だといい方の職という事になっている
一方で母を自分の人生を生きない理由にしている気がする
久しぶりにこう言うことが起こって、この無力感は久々だけど昔よく味わっていた感覚だった。
母とか関係なく、君は何がしたいんだ?
もし家に何の問題もなければ、君は何がしたいんだ?
自分に問いかけるけど、何も返ってこない。
母にかかずらうことを隠れ蓑にしていないか、あなた。

もう会社辞めたい
家を出たい
誰も知り合いがいないところへ行きたい
でも今より上手く行かなくて
色々やめると反動で燃え尽きてすごく無気力になりそうな気しかしなくて
そのような状態でまともに過ごせるわけもなく
お金が尽きたら結局帰る場所はクソみたいな家しかなくて
出戻ってきたらさらにしんどくなることが分かっていて
そうすればもう抜け出せなくなることが怖い
金は力なのだ
働き続けなければ
生き続けなければならない

一度出て行くと、もう帰ってこれないので、うまく行くか分からないので出ていけないのだ

自分がかけて欲しい言葉を自分で用意する

自分の感情がコントロールできない時があって

というか、人に手を出しそうになる寸前になって

やばくてやばくてやばい時

怒りが蓄積してどうにもならなくなった時

物に当たる癖があって

感情がコントロールできない未熟なやつだって

言われたらそれまでだけど

逆だよ逆

感情をコントロールしすぎてて解消不能なところまで行ってしまう

我慢しすぎなんだよ

人を殺していないから大丈夫、大丈夫、

法を犯していないから大丈夫、大丈夫、

大丈夫だって言って欲しい

大丈夫だって言ってくれる人がいない

いないと身にしみるたびに悲しみで潰れそうになる

もっとも潰れたのはジュースのパックなのだが

 

毒親の買っていたジュースをいらっとして力を入れたら

握りつぶしてしまって中身が冷蔵庫に飛び散った

またものに当たってしまったもう嫌

でも食器とか包丁とか壊すとやばいものには当たらなかったから

成長なのだろうか

お前は。働いてもいないのに。こんなものばっかり買って

だから太るんだよ薄汚い豚!

って昔言われたことと同じように言ってやりたい気持ちを頑張って抑えている

あなた毎朝菓子パンばっかり食べてなんでそういう贅沢できるの?

家計を預かっているのに好き放題使ってるの?

専業主婦のくせに恥ずかしい

って昔言われたことと同じように言ってやりたい気持ちを頑張って抑えている

冷蔵庫の中身をきちんとふいているときに一層惨めだ

 

毒親さんのことで悩みたくない

でも本当は悩んでいたいんじゃないか

自分の問題に目を向けなくて済むから

ってのも分かっていても

自分の問題に目を向けるのが怖くなる

 

汚物扱いされるのは嫌だ

嫌だって言っていいんだって自分に示すための行動だったのか

自尊心を踏みにじることになんの罪悪感も持っていないやつ

心は何度も辱められ殺された

でも私の心は悲しいかな蘇ってしまう

また生きようと思ってしまう

 

大事な無関係なものを貶めて人を傷つけるなんて

戦争で赤十字を攻撃するようなものだ

私はあなたの大事なものを罵ったことはないのに

あなたはそうやって人の一番柔らかいところを壊しにかかる

 

私は汚物ではないと思って生きてきたけど

時々本当に自分は価値のない汚物なのではないかと思う時がある

そういう暗い考えに落ちると吐き気がする

 

毒親さんと一緒にいると吐き気がするし

蕁麻疹がするしストレス半端ないので

一緒に食事ができなくなったけど

そうすると不興を買って怒る

まあそうだよねー君の気持ちもわかるよ

私も反抗期のガキと同じだってのも分かるけど

本当に無理なんだもん

ずっと殺され続けていた

四半世紀以上

魂を嬲られ尊厳を奪われて

私はもう怒っている

私はそんなのを優しく受け流せる人間ではない

正当に怒りたい

今日はそうなれなかったけど

でも大丈夫だ

自分で欲しい言葉を自分で用意する

 

相変わらずあなたにあって

生き霊男に会って

生き霊男は優しくて

でも隣人としての優しさで

当たり前だけど

寂しさをお定まりの感情として抱えて帰って

帰り渋ってもう一度姿を見ようとするなんてわざとらしくて

いじらしいような気がしてくる感傷のなせるわざです

 

もうここから出て行かなくちゃ

もうここから出て行かなくちゃならないって知ってるけど

もう少しだけもう少しだけって引き伸ばして

生きている

 

もうここから出て行かなくっちゃ

そうじゃなきゃずっと苦しいよ

あなたは苦しいよ

あなたが楽にならなくては

 

生き霊男に愛されなくてもいい

愛されなくてもいい

愛されなくても十分私には価値があるから

価値がある男に愛されなくてもいい

自分で自分を十分に愛せるから

でも愛されればそれはそれでいい

 

生き霊男は前世で生き別れた母親だと思う

今世で一目お会いできただけで

もうありえないことなのに

存在を認識していただいているというだけで

ありがたく思わなければならない

息が苦しい夜半、死にたいって検索しても答えを教えてくれない

グーグルですら

 

 

性病にかかっちまえ

女が少ない職場で少ない女性も産休に入ってしまったので

必然的に少数派になってしまうのだけれど

なんかセクハラとまでは言えないイラっとすることがよくあって

その度に自分が女なんだなっていうこと、女であるだけで別人種というか

下等な存在に思われているんだなって思う

 

風俗の話をし出して、オブラートに包んでるんだけど風俗の話で

上司が「私さんがいるからやめよう」って言って

まあありがたいんだけど、私がいるのが悪いわけ?私がいなかったらいいの?

っていうか私みたいなもさくて大人しそうなやつだから、もっと違う人だったら

何も言わないのだろうかとか考えしまう

その時は何も言えなかったり聞こえてないふりしたりしてやり過ごすけど

後から後から怒りが湧いてきてやばい

しかも過剰な怒りだ

悔しくて泣けてくる

うまくその場で拒否できない自分が情けない

理想の自分は笑顔で嫌味言ってうまくかわしてる

「あー、ごめんなさいね、空気読めなくて申し訳ありません私がいるから風俗の話もできませんよねー、どうぞいなくなるので心置きなくお話ししてください業務時間中ですけど」

って言ってにっこり睨みつけながら去るのだ

でも私はそんなことできなくてただ怒りに戸惑いながら家で一人泣いてしまうのだ

仕事上ではすごく尊敬していた人たちだったから泣きたい

自意識過剰だと思うし、それくらい受け流せれないのかよって思うし、

自分かわいそうが強すぎるとも思うけど、こういう時に過剰に優位性を出そうとしているなって分析できるけど

でも嫌なもんは嫌だしイラっとするものはイラっとするんだよ

バーカ

でも同じ力というか性欲が自分の中にあることに怒りを感じる

虚しい情けない

でも悪いのはあいつらだ

だから悪態つくせめて心の中で悪態をつく

 

てめー、性病移されとけ!移された性病を嫁に移しとけ!

往ね!往ね!

 

と心の中で悪態をついて鬱憤を晴らす

往ね!みんな往ね!

 

 

幸せのファストパス

という言葉を見かけてハッとなった

可愛い子は幸せのファストパス持っているみたいって書いてあった

可愛い子ってだけじゃなくて、普通の人ですら私にはファストパス持っているようにしか見えないよ

もっと痩せたい

もっともっと痩せてまともの側に行きたい

まともな人間の側に行ってどうするの?

それで救われるって思っているの?

それ以前に痩せたらそっちへ行けるの?

 

音の図と地がわからなくなったようで

風の音が奇妙な音楽に聞こえる

パンフルートがたくさん重なっているみたいな和音

絶対ただの風の音っていうのはわかっているんだけど

 

子を成せと人は言うが

飲み会で、上司が、結婚が遅くて不妊治療しても子供できなくて諦めたから、

あなたは仕事に潰されずに、もし、子供を産みたいと思うのなら、そう言う気持ちが

あるのならそちらへ突き進みなさい。っていってて、それは確かに首肯せざるを得ないしそのとおおおおりって感じだし、仕事に対しての子どもだから本来の文脈とは違うんだけど、なんかもやもやした。

 

というのは、自分の中の感覚では、今までの自分は、後ろから銃を突きつけられていて歩く歩道をずっと歩かされていて、なんかそこからうまいことして抜け出したのが今で、でもどこへいったら良いのかわからなくて、で、歩くのも疲れて道ゆく人をぼんやり見ているような感覚。そしたらきちんと銃を突きつけられずに楽しく歩く歩道を歩いている人がいて、そういう人は結婚して子育てして幸せそうだ。

結婚子育てってまた銃と歩く歩道に戻ってしまう気がする。銃を突きつけているのは今度は自分自身だ。なんと言うか、正しい人生の道みたいな、あるべき姿というか、なんだこの意味がわからない例え。

 

親の気に入ることとか許可すること以外だめだったし、抜け出すと言うバイタリティもなくて(今もないけど)、けど今は当時より距離を置けるから、自分が本当はどんな人間で何を本当に求めているのか、自分自身に問いかけている最中で、でも他の人はとっくにそんな段階は終わっていて、次のステップへ進んでいて、自分ができて嬉しくなったこととかが、虚しくなってしまう。

私はまだ自分の問題すら解決できていない。それなのに、タイムリミットはどんどん迫っていっている。それがすごく悲しい。私は我慢して我慢してやっとここに立っているっていうのに、まだダメなの?まだ楽になれないの?って感じ。トラック走で自分だけ砂の入ったリュック背負っているけど、このままだと目標タイムに到達しなくて急げ急げとハッパをかけられている感じ。子どもをうんで、どうするって言うんだ。多分それは、すごく充実した人生になるかと思うけど、自分の問題が解決できていないから産んじゃダメって論理はないかと思うけど、でもそうすれば私の物語が終わってしまう。実家に頼れないし、モラハラ男だったらどうすれば良いの。戻る場所がないのに、どこへ出て行けっていうの。

 

もう私の物語を終えても良いってくらいの、伴侶がいれば良いんだけどな。あるいは、私の物語が私の物語のまま担保してくれるような。誰かの物語に入り込みたい。でもそれは精神的に不健全。誰かの物語になりたい。でもそれはご病気。わがまますぎだとわかっていはいるが、そういう訳で、すごく気持ちが不安定になってしまった。

神話の契約じみて、もしあなたが、あなたが私を裏切らずにいるのならば、あなたが二つ心なく私に魂を与えてくださる限り、私は私のなしうる限りあなたを愛し、あなたに身を捧げます。でも、物語の契約はいつも裏切られる。裏切らなければそれは神話じゃないからだ。そして私は神話にはなれないので、身を捧げる覚悟を保証できないであった。神話は破綻し、破綻した神話を夢想して、ひたすら泣いているのだ。